2018年3月27日火曜日

底力


1月末から腰の養生のために休猟を余儀なくされていた玄ですが、投薬の効果あってか、痛みを訴えることもなくなったため、今猟期の終わり(3月末)も迫ったある日、体力的に玄には最後になるかもしれないね、と言って、白糠に出猟しました。

 
今季最終猟で、本当に久しぶりの白糠。思いっ切り高鼻を使って、なつかしい山のにおい、シカのにおいを胸いっぱい吸って、感慨深げです。そしてやっぱり、嬉しそうです。
 
 

雪→雨→低温→高温、と、安定しない天候の中、表面ガリガリで踏めばズボっとぬかる雪のコンディションが最悪で、腰への衝撃が心配でしたが、玄の行くところ、初日から猟果に恵まれました。久しぶりの玄はとても興奮して張り切っていました。 
 
 
  
 
解体に一段落つけば、ツネ(ハンター用語?で稜線)上で日向ぼっこ。こうして見ると、年とって渋みを増した玄の風情は、白糠の枯れた山にぴったり。玄がいっしょにいる猟は、人間たちにとっても安心感、満足度が違います。
 

 
今回、現在急成長中の娘犬、米(ヨネ)もいっしょに連れて行ったのですが、いざという時に頼りになったのはまだまだ玄のほうでした。
 
 
 
そこは、若さと体力以上に経験と執念がモノを言う場合もある世界。シカの痕跡を飽きることなく追い、追いついて咬みつき沢に落として止めることができたのは、玄でした。
 
 
ヨネも二日間、玄について歩いて、たくさんのことを学んだね。
まだちょっとシカを追い切れずに遊んじゃうところがあるんだけれど、狩猟デビューの初シーズンですからね、立派立派。
 
 
玄も休養明けで、いきなり全力で走り回って、精根尽き果て、解体中に眠ってしまっていたけど、若い者には負けない底力を見せつけたくさん褒められて、良い復帰戦になったよね。

 
私たちも玄の雄姿が目に焼き付いて、良い今季最終猟になりました。
見事な働きぶりを見て、夏の間にしっかりと健康管理をして、腰の状態を維持し、また来季もいっしょに山に来たいと思いました。
 
 
家庭での顔とは違う、畑での顔とも違う。
その表情を見ていると、山は玄がもっとも玄らしくいられる場所ですから。
 
 
 
玄 1歳6か月の初猟
 
 
 
 
 
 
 
 

2018年3月23日金曜日

玄冬の門

 
最近の玄ですが、一日のうちで、寝ている時間がずいぶん長くなりました。
 
 
それも何というか、非常に不思議な場所や格好で寝ています。こんな所(マッサージチェアの足もみの部分)で昔は寝なかったよ。
 
 
こんなふうに頭を抱えて?鼻を抱えて?寝ることもなかったのに、どうしたのかな・・・?
 
 
古代中国の思想では、「青春」の反対を「玄冬」と呼んで、四季を表わす、青春→朱夏→白秋→玄冬、の呼び名がそれぞれ、人生の時期にも当てはめられるそうです。
 
 
寝ている時、ちょっとやそっとの物音では起きなくなったり、KJにぴったりくっついて寝るようになったのは、玄冬の門をくぐったせいなのでしょうが、夜中に悲鳴を上げたり(おそらくは寝返り?)、ストーブの前で寝ている時に家人が背中を触るとキャンと鳴くこと等もあったので、念のために病院に行きました。
 
 
結果、明らかなヘルニア等はありませんでしたが、老犬にはしばしばあるという、腰椎腹側にブリッジ状の変形が見られ、しばらくビタミン剤と鎮痛剤の投与、サプリメントと休養が指示されました。未去勢の♂ということで心配された、前立腺の異常等はありませんでした。

 
玄冬つまりは老年期。9歳で老化は早い気がしますが、長年にわたる、シカ猟の影響は少なくないでしょう。一日中冬山を歩いて急な斜面を上り下り、深い雪をラッセルしたり、倒木や小河川を飛び越えたりの過酷な労働は、人間でも腰や膝が痛くなりますから、この小さな体への負担は計り知れません。
 
 
玄も米(ヨネ)もシカ猟の後は車にもどると倒れこむようにして寝てしまいますが、人間とちがって温泉でその疲れを癒すわけにもいきません。
 
 
かくして1月末から強制休養となった玄ちゃん。しかし一方で、オオカミにもっとも近い犬と言われる柴犬、玄にとって、群れのリーダーでもある親方とともに獲物を追いつめ、倒す喜びを分かち合う、シカ猟ほど精神的に満足の得られる行為は他にありません。いつも一緒だった自分を置いて、KJとヨネが出猟していくので、心中おだやかではありません。
 
 
だけどこの先、また一緒に山を歩くためには必要な治療なのだよ。分かってね。
 
 
 
娘のヨネと暮らすようになって、気持ちのほうは若返ったのか、昔遊んだぬいぐるみを持って来たり、再びシカ角や梨の木をかじって遊ぶようにもなりました。「玄冬の門」(ベスト新書)を著した五木寛之さんは、体が老いていくということは、子どもの心に還ることだと説きます。子どもに還り、やがて誕生したところに還る。嘆くなと。
 
 
だけどやっぱり、玄には少しでも長く、隣にいてほしいし一緒に歩いてほしいと思うのです。
だからしっかり休養しましょう。
 
 
車に飛び乗れなくなったら歩み板を渡せば良いし、倒木が自力で越えられなくなったらKJが抱いて越えれば良い。そのようにして、年に1回でも2回でも、シカのいる山に連れて行ってあげたいと思います。
 
玄 4か月
 
玄はチームKJの大事な一員ですから。そして何より、家族ですから。
 
 玄 4か月
 
 









2018年2月26日月曜日

成長


今季、玄の後ろについて歩くことから、駆除につづいてシカ猟デビューも果たした米(ヨネ)ですが、その後、急速に成長しています。


犬は犬から教わるものだとつくづく思うわけですが、 猟場での歩き方やシカの探し方など、玄という先達がいるので、ヨネの習得はスピーディーです。KJが、玄ともう何年も歩いて犬連れ猟のコツをつかんでいることもあるでしょう。また、玄の時に比べて今は、特に村内の駆除で、犬たちはシカと渡り合う機会が急増していることもあります。

 
最初の頃は、猟場において、留寿都を上回る厳しい寒さ、あまりの雪の冷たさに悲鳴をあげたり、疲れて雪の上につっぷして寝てしまうこともありましたが、思い出せば、これとて玄も通った道です。
 

ヨネは女子なので、冷えからお腹を守るために防護服を用意しましたが、回数を重ねるにつれ次第に毛が密生し、足の裏も固くなって、寒さ冷たさ、深い雪をものともしなくなりました。
 
 
何より、秋口にはまだ、シカに噛みつく玄の回りを、遠巻きに吠えながらぐるぐる走るだけだったヨネが、わずか数か月で、しっかりとシカに肉薄し、正面から吠えて動きを封じる、あるいは後ろに回って足に噛みつき動きを止める、そうした動きを見せてくれるようになったことに驚きます。本当に、お手本がいるというのは素晴らしいこと。
 
※閲覧注意~以下、シカを倒している動画になります。苦手な方はパスしてください。
 
音声は消してあります
 
吠え声がします
 
音がします
 
倒木を飛び越えたり、石づたいに川を渡る、その一瞬の判断や身体能力ではまだ玄にかなわないところがあるものの、玄がKJと何年もかけて築き上げてきた、猟場における立ち居振る舞いのあり方を、見よう見まねで高速で身に着けて行く感じ。シニアとなった玄の体に無理をさせないためにも、今ではヨネ単独での狩猟同行も多くなりました。 
 
 
いつの間にか、すっかり一人前になったヨネ。師匠である父・玄としては、誇らしいと同時に、娘に主力の座をゆずりつつあり、本心ではちょっと寂しいかもしれませんね・・・ 

 
玄とヨネの近況は、KJのインスタグラムでもどうぞ